パワーストーンと天然石に違いはない!上手な選び方

「パワーストーンと天然石って違うもの?」「言い方が違うだけ?」と不思議に思う人は多いはず。そんなパワーストーンと天然石の持つ違いについて紹介していきます。

同じようにとらえている人は多いかもしれませんが、まさにその通り。言い方が異なるだけでパワーストーンも天然石も同じものです。しかし、細かな意味を調べていくとパワーストーンと天然石にはちょっとした違いが分かります。では、何が違うのか紹介していきます。

パワーストーンと天然石の違いは?

パワーストーンと天然石の違い

「パワーストーンと天然石って違うもの?」「言い方が違うだけでしょ?」と思うでしょう。その考え方は間違いではありません。現在でもパワーストーンと天然石を同じものとして考えている人は多いかもしれません。

しかし、細かな意味を調べていくとパワーストーンと天然石にはちょっとした違いがあります。

パワーストーンが持つ主な意味

パワーストーンとは?

パワーストーンは天然石を加工したものだとされています。そして、パワーストーンは天然石の1つと考えられる石とされて呼ばれています。しかし、天然石よりも強いパワーを持つとされており、人間の心身に影響を与える石のことをパワーストーンと呼ばれているそうです。

  • ストレスが軽減されるようになるとされています
  • 熟睡できるようになるとされています
  • やる気があがるとされています

不思議なパワーを持つ石がパワーストーンとされています。パワーストーンにはまだ謎が多いとされていますが、人体に良い影響を与えるほどの強いパワーを秘めているとされておりお守りとしての効果も期待できるとされています。

天然石が持つ主な意味

天然石とは?

天然石は採掘された状態のままの原石ともいえる石です。おおげさな話になるかもしれませんが、道端に転がって存在している石たちのことも天然石と区別されているものです。

しかし、天然石に加工技術を加えてしまうとそれは天然石と呼ぶことはできないそうです。加工を加えてしまった石はパワーストーンと呼ばれるようになるそうです。

特殊な天然石

天然石を加工するとパワーストーンと呼ばれています。しかし、加工をしても天然石として分類されるものが存在しているようです。

  • ダイヤモンド
  • サファイア

実はこの代表的なダイヤモンドやサファイアは原石を表面的に加工して存在しているものが多いため天然石として分類されていることが多いようです。もちろん人によってはパワーストーンとも呼ばれていますからどちらとして呼んでも間違いではありません。

加工すると天然石と呼ばないとされるもの

  • ジルコニア

実はこのジルコニアは人工的に加工される石になるため天然石とは呼ばれないとされています。人工的に加工されるジルコニアはダイヤモンドの代用品として出回っているものになりますが加工の仕方によって天然石のまま呼ばれるものもあればパワーストーンとして呼ばれるようになるものもあるため難しく感じてしまうかもしれませんが自分が直観的に良い!と感じたものが自分にとってのパワーストーンになるでしょう。

自分にあった上手な選び方

自分が良い!と思ったものがおすすめ

パワーストーンや天然石の上手な選び方のコツを紹介します。それは、自分が良い!と直観的に思ったものを選びましょう。パワーストーンや天然石の上手な選び方に悩む人は多いようです。パワーストーンにも天然石にも多くの種類もありますし、アクセサリーに加工されているものも多いからです。

アクセサリーならば身につけるものがおすすめ

パワーストーンや天然石が加工されているアクセサリーが増えてきています。パワーストーンや天然石の効果を授かりたいと考えているのならば身につけられるものを選びましょう。

ブレスレットがおすすめ



同じく身につけるのであればブレスレットがおすすめです。パワーストーンを用いられているアクセサリーで多くの人たちが身につけているものはブレスレットが多いとされています。ほかにもネックレスやイヤリングもみられますが、ブレスレットはほかのアクセサリーより安価で購入できるものが多いうえに複数のパワーストーンが用いられてつくられているためパワーストーンの効果もたくさん受けられるといわれていておすすめです。

宝石との違いはある?

宝石とは?

宝石は一般的に劣化しにくい石のことを言うそうです。パワーストーンや天然石のなかにも風化しにくく劣化がしにくいものであれば宝石と呼んでも良いでしょう。これが宝石だ!と断言できるものはそうあるものではないのかもしれません。

関連記事

カテゴリーCategory