ジンカイトの意味・効果・石言葉・相性の良い組み合わせまとめ

燃え上がるようなオレンジ色をしているジンカイト。意味や効果を詳しく紹介していきます。

ジンカイトってどんな石?詳しい意味

ジンカイトはダイヤモンド並みの屈折率を持つ美しい石ですが、宝石としての知名度はあまり高くありません。

しかし、パワーストーンとしてはよく知られており、ヒーラーの間では人気の石のひとつです。注目を集める理由を、意味や歴史の面から見ていきましょう。

意味

ジンカイトは、創造性や個性、復活を象徴すると信じられている石です。

生命力あふれる意味を持ち、強い保護力を生み出したり前向きな気持ちを与えたりすると考えられています。

明るい色から放たれる光が、持ち主を希望や喜びへと導いてくれるでしょう。

歴史・言い伝え

ジンカイトは亜鉛を意味する「ジンク」から名付けられています。

市場に出回っているジンカイトは半人工石がほとんどで、宝石質の天然のものはとても希少価値のあるものとされています。

人工のジンカイトは、天然のものと見分けるために「ポリッシュ・ジンカイト」と呼ばれることもあります。

ジンカイトの効果

ジンカイトの効果と意味、ジンカイトのサポートが必要な人の特徴を紹介します。バイタリティを強く感じる石ですが、どんな効果があるのでしょうか。

効果

  • 個性や直観力の向上
  • 無気力状態からの回復
  • 心身のバランスを整える

ジンカイトは個性や直観力を向上させる効果があり、持ち主の創造性を豊かにすると言われています。

また、無気力状態から回復させ、活力を漲らせる石なので、やる気が出ないときや前向きな気持ちになれないときにおすすめ。

パワフルなエネルギーで血流を良くしてくれるので、新陳代謝が活発になり、心身の健康回復にも役立ってくれます。

石言葉

  • 情熱
  • 復活
  • 活力
  • 想い

熱い石言葉を持つジンカイト。積極性を持ちながらハートフルな心であらゆることに臨めるでしょう。

こんな人におすすめ

  • クリエイティブな職種の人
  • 精力的に行動したい人
  • 不安な気持ちを抱えている人
  • 挫折から立ち直れないとき

ジンカイトは創造性を育む効果が期待できるので、クリエイティブな職種に就いている人に最適です。

個性や創造力を仕事に活かせるようになるので、ビジネスシーンで大いに役立ってくれるでしょう。

また、精力的に活動したいときや不安な気持ちを抱えているときも、ジンカイトが情熱と活力を与えてくれるので、希望を持って行動することができるでしょう。

ジンカイトは復活の石なので、挫折から立ち直れない人にリスタートのパワーを与える効果も期待できます。

ジンカイトのお手入れ・浄化方法

ジンカイトは硬度が低いので、取り扱いには十分注意しましょう。

また、太陽の光や水にも弱いとされているので、浄化方法も最適なものを選ばなければなりません。

お手入れ・浄化方法

  • セージ
  • クラスター
  • 月光浴

ジンカイトの浄化方法は、セージ、クラスター、月光浴がおすすめです。

水に弱い特徴を持っているので、定期的な浄化の他、アクセサリーとして身に着けたあとは汗を拭きとるようにすると良いでしょう。

相性の良い組み合わせは?

ジンカイトと相性の良いパワーストーンを紹介します。

回は、太陽の石とされているペリドット、宝石の女王ともいわれるルビー、未来を創造すると信じられているカーネリアンとの組み合わせを紹介します。

ジンカイト × ペリドット

ポジティブなエネルギーを与えてくれるペリドットは、ジンカイトの個性や創造性の向上などの効果を発揮しやすくしてくれます。

何事にも前向きになれ、ネガティブなエネルギーを排除しながら前進する力を与えてくれます

夢の実現に貢献してくれるほか、沈んだ気分を再び持ち直してくれる効果も期待できます。

ジンカイト × ルビー

ルビーとジンカイトはどちらも7月の誕生月石で、とても相性が良いと言われています。

バランスのとれた組み合わせなので高いヒーリングパワーがあるとされる他、技術や美的センスの向上効果もあると信じられています。

デザイナーや芸術家といった職業に人に最適でしょう。

ジンカイト × カーネリアン

カーネリアンは力強さと勇気を与えてくれるパワーストーンです。

ジンカイトの情熱的なパワーと組み合わせると、持ち主のモチベーションや好奇心を高め、自己実現や目標達成に役立ってくれるでしょう。

心を落ち着て知力と集中力を養う効果もあるので、受験勉強やデスクワークの際におすすめです。

ジンカイトの基本データ

英名Zincite
和名紅亜鉛鉱
産地アメリカ、ナミビア、ポーランド など
濃黄色、緑色、黄橙色、橙色 など

関連記事

カテゴリーCategory