ブルーアベンチュリンの意味・効果・石言葉・相性の良い組み合わせまとめ

デニムのような濃淡のあるブルーカラーがユニークなブルーアベンチュリンを知っていますか?こちらの記事では、ブルーアベンチュリンの効果や相性の良い組み合せなどを解説します。

ブルーアベンチュリンってどんな石?詳しい意味

意味

アベンチュリンといえば、まず緑色の石を思い浮かべる人は多いかもしれません。実は、アベンチュリンは、緑色ではなく、レッドアベンチュリン、ピーチアベンチュリン、ブルーアベンチュリンなどたくさんの色が存在しています。アベンチュリンは、疲れたときに、精神的な支えとしてサポートしてくれるといわれています。

歴史・言い伝え

アベンチュリンの歴史についても少し触れましょう。アベンチュリンは、はるか昔のチベット文化において、仏像を作る際の瞳の部分に使われていました。

また、ポピュラーなグリーンアベンチュリンは、幸運の石として有名な翡翠とも似ていることから、インド翡翠とも呼ばれ、代用されてきました。

ブルーアベンチュリンの効果

効果

ブルーアベンチュリンのデニム生地を思い出させるような爽やかな色は、疲れた人や癒しを求める人の心に、薬のようにスッと溶け込むような優しいエネルギーを持ちます。

心身ともに疲労してしまい、うまく物事を考えることができなくなっている…そんなふうに感じたときは、ブルーアベンチュリンを身に着けてみましょう。ブルーアベンチュリンの穏やかな波動が、心をいったん冷静にさせてくれて、正しい判断へと導いてくれといわれています。

石言葉

  • 癒し
  • 大きな決断の際のサポート
  • 人間関係をスムーズにする
  • 自分を振り返り見つめ直す
  • 心臓や腎臓・自律神経への健康運

こんな人におすすめ

  • 身体も心も疲れてしまって癒されたい人
  • 緊張を緩和したい人
  • ふと立ち止まって自分をゆっくり見つめて、次のステップに進みたい 人

ブルーアベンチュリンのお手入れ・浄化方法

ブルーアベンチュリンをはじめ、パワーストーンは月に数度、浄化をし、パワーチャージしてあげることが必要です。 ブルーアベンチュリン は太陽浴や流水による浄化方法は、色あせが起こる場合があるので短めにするように注意しましょう 。ブルーアベンチュリンにおすすめの浄化方法は以下のものがあります。

  • 水晶クラスターやさざれ石の上においての浄化
  • 月光 浴
  • 光浴やセージの葉の煙に通す

相性の良い組み合わせは?

ブルーアベンチュリン × 水晶(クォーツ)

水晶は万能の石として、どんなパワーストーンでも相性が良いといわれています。氷のように透き通った美しい水晶とブルーアベンチュリンは、とても涼し気な寒色系の組み合わせで、身に着けていると、ひんやりと心の中の傷や疲れを冷やしてくれるような気持ちがしますね。

また、水晶は組み合わせたパワーストーンの効果を強くしてくれるエネルギーを持つので、ブルーアベンチュリンの波動をもっと大きく感じたい人におすすめです。

ブルーアベンチュリン × アクアマリン

きれいな水色×水色の組み合わせもおすすめです。ミルキー感のあるブルーアベンチュリンに対して、アクアマリンの透き通った水色のパワーストーン(ミルキー系も存在します)。アクアマリンもまた、疲れた頭をほぐしてくれるリラクゼーションの石。

発想の柔軟性を与えてくれる効果もあるので、大きな決断を迫られてプレッシャーを感じるときに力を与えてくれるブルーアベンチュリンとは良いサポートコンビとなってくれでしょう。

ブルーアベンチュリン × ペリドット

なにか問題にぶつかり、どうしていいかわからないでいる…そんな人には、ブルーアベンチュリンとペリドットの組み合わせはいかがでしょう。ペリドットは、不安で立ち止まっているあなたの心に、明るい光を灯してくれる石。問題がうまく解決できるように導いてくれるパワーを持つといわれています。

その糸口となる自分自身の行動や思いの振り返りを促すブルーアベンチュリンも、そっと力を貸してくれるかもしれません。

ブルーアベンチュリンの基本データ

英名 Blue Aventurine
和名砂金水晶
産地インド、ブラジルなど
緑、赤、オレンジ、青など

関連記事

カテゴリーCategory