トルマリンの意味・効果・石言葉・相性の良い組み合わせまとめ

トルマリンは石の内部にエネルギーを秘めているパワーストーです。トルマリンの詳しい意味や相性の良い組み合わせなどをご紹介します。

トルマリンってどんな石?詳しい意味

意味

トルマリンは 地球上の鉱物で唯一微弱電流を発生する特性があり、温度や水分、空気の対流などの圧力や摩擦を加えることでマイナスイオンを発生するといわれている鉱物です。トルマリンは、和名で電気石(でんきせき)と呼ばれています。

トルマリンの語源はセイロン島の現地語「トルマリ(turmali)」からきています。 古くは宝石「イエロージルコン」のことを トルマリと呼んでいましたが、やがて「トルマリン」のみに用いられる呼び名となりました。

歴史・言い伝え

トルマリンは 1703年にスリランカで産出され、 1880年にフランスの物理学者ピエール・キュリーがトルマリンに圧力や熱を加えることで電気を発生する性質があることを発表した歴史があります。

その後、トルマリンは圧力や熱を加えなくても自然に微弱電流を流していることが判明し、別名 エレクトリックストーン(Electric stone) と呼ばれるようになりました。トルマリンは現代でも、マイナスイオンのパワーで健康をもたらしてくれるパワーストーンとして人気があります。

トルマリンの効果

効果

トルマリンは古来より人々の健康に用いられてきました。トルマリンに秘められた電気のパワーが、身につける人に足りないエネルギーを補ってくれて健康を高める効果があるといわれています。

トルマリンの持つ強いエネルギーが生命力を高めストレスを緩和し、心身のバランスを整えてくれるでしょう。心身ともに不足したエネルギーを補充したいときはトルマリンの出番です。

石言葉

・調和
・健康
・成功

こんな人におすすめ

・精神的に強くなりたい
・ストレスをとりのぞいて浄化されたい
・意識レベルを引き上げて洞察力を高めたい

トルマリンはストレスを取りのぞいて精神を安定させ、身につける人の意識レベルを引き上げる効果があるといわれています。全身のエネルギーが満たされ洞察力と想像力が高まるので、アーティストや作家など作品作りをする人にもおすすめのパワーストーンです。高まるエネルギーを創造の力に活用できるでしょう。

トルマリンのお手入れ・浄化方法

お手入れ・浄化方法

・クラスター
・月光浴
・流水
・ホワイトセージ

トルマリンの浄化にいちばん適しているといわれている方法は水晶クラスターにのせる浄化です。トルマリンは水晶との相性が良いので浄化の効果が高まるといわれています。

そのほかのお手入れ方法としては、満月の夜にトルマリンを月の光に当てて浄化させる月光浴や、ミネラルウォーターなどのきれいな水で洗う流水の浄化、香りの良いホワイトセージの葉を燃やして煙にくぐらせるホワイトセージの浄化が適しています。

相性の良い組み合わせは?

トルマリン × ローズクォーツ

ローズクォーツは、女性の美しさを引き出し輝かせてくれるパワーストーンといわれています。トルマリンとローズクォーツを組み合わせることによって、 身につける人を健康的なエネルギーで満たして輝きを与えてくれるでしょう。恋愛運アップにも効果がある組み合わせなので、女性らしい魅力をアップして恋愛を成就したい人におすすめです。

トルマリン × アクアマリン

アクアマリンは天使の石と呼ばれ、美しさと幸せを象徴するパワーストーンです。トルマリンとアクアマリンを組み合わせることによって、ストレスを緩和して健康運を高めてくれるでしょう。

心身ともにバランスを整える組み合わせです。恋愛運や子宝にも効果を発揮するので、これから結婚を控えている人へのプレゼントとしても適しています。

トルマリン × ルチルクォーツ

ルチルクォーツは、集中力を高めて精神力を強化するパワーがあります。トルマリンとルチルクォーツを組み合わせることによって、身につける人を浄化してあらゆるマイナスのエネルギーから守ってくれるでしょう。高い浄化のパワーで精神のバランスを整え人間関係を良くする効果があります。

トルマリンの基本データ

英名Tourmaline
和名電気石
産地ブラジル、中国、インド、アフリカ
赤、ピンク、青、緑 など

関連記事

カテゴリーCategory