パワーストーンの好転反応の種類とは?過ごし方と注意点

パワーストーンは願い事を叶えてくれたり、目標達成のサポートをしてくれたりと頼りになる存在として人気があります。

しかし、パワーストーンを身につけてから真逆なよくないことが起こることがあります。それは好転反応が原因といわれています。パワーストーンの好転反応の種類や過ごし方について解説します。

そもそも好転反応とは?

好転反応とは、治療の過程で一時的に起こる反応のことです。反応の度合いはさまざまで、改善する前に一時的に症状が悪化することを意味しています。

たとえば、持病が悪化したり、感情が落ち込むなどが3〜4日続くことがあるといわれています。

パワーストーンにおける好転反応

パワーストーンを身につけ始めた途端、不安感を感じる、イライラが強くなる、頭痛がする、夜眠れないなどの感情や体調に変化が出たことはありませんか?これはパワーストーンの好転反応の可能性があります。

パワーストーンにおける好転反応とはどんなものなのでしょうか。パワーストーンには運気アップや開運をしてくれたり、良いことがすぐに起こると思われがちですが、実は、運気を上げることに必要なことをすべて引きつける作用があるといわれているのです。そのため、身につける人が運気をアップするために必要な苦となるものが現れることがあるのです。 この必要な苦となるものが、好転反応として出るといわれています。

パワーストーンをつけてからよくないことが起こった人は、石のせいと思わずに、これは開運するために必要な事とパワーストーンが教えているのかもしれません。

好転反応の種類

パワーストーンの好転反応は、自分がよくなっている証拠とされ、身につける人がさまざまな変化を乗り越えられる準備が整ったときに起こるといわれています。

精神面に出ることが多いとされていますが、身体的な好転反応が出る人もいます。代表的な好転反応について解説します。

自己否定感が強くなる

マイナス思考になり、自分は何をしてもだめでうまくいかない、努力がむくわれないなどといった自己否定感が高まり不安感が強くなることがあります。

また、すぐにイライラしてしまったり、涙もろくなったりなどの感情の制御ができにくくなることも、パワーストーンが精神面に与える好転反応だといわれています。

嫌なことが起こる

好転反応期間中はネガティブな感情になりやすいため、身につける人のネガティブな思考によって、嫌なことが起こると感じることが多いといわれています。

ほとんどが精神的なものからくることが多いため、嫌なことが起こってもあまり不安がらずに、今はネガティブ思考になりやすい時期と考えてポジティブな思考に切り替えていくようにするとよいでしょう。

原因不明の痛みがある

身体的な好転反応は、身につける人の弱い部分に直接現れることがあります。この症状は、原因不明の痛みを感じたり、咳や発熱などの症状として出ることもあります。

しかし、パワーストーンの身体的な好転反応は、精神面に来る好転反応と同じく身につける人が身体的にも浄化されている証拠といわれています。

パワーストーンの効果により身につける人にもともと備わっている自然治癒力を引き出し、その過程が一時的な不調としてあらわれているといわれています。

眠気

異様に眠気が強い症状はパワーストーンの好転反応の可能性があります。とくに浄化の力の強い水晶やアメジストに起こりやすい症状です。

パワーストーンの好転反応後はどう過ごす?

パワーストーンの好転反応後はどう過ごせばよいのでしょうか?パワーストーンにおける好転反応とは、パワーストーンと持ち主の波動をシンクロするために必要な時期ですので、好転反応が終わったあとはパワーストーン本来の力が最大限に発揮されるようになります。

パワーストーンの守護が高まって、身につける人の災いをはねのけて目標達成や願望成就などの成果を得ることが期待できるでしょう。希望が叶う未来をイメージして過ごすことで、パワーストーンの力の引き寄せ効果が高まるとされています。

好転反応がでた場合の注意点

パワーストーンの好転反応は、願いと正反対なことが起こるというものですが、心配することはなく、好転反応はパワーストーンが身につける人の体に馴染もうとしている証拠と考えて、決して悲観せず好転反応がおさまるのを心静かに待ちましょう。

関連記事

カテゴリーCategory