浄化用水晶さざれ石水晶の正しい使い方は?分量の目安

浄化用水晶さざれ石水晶は、パワーストーンや空間を清めて浄化できる水晶のことです。浄化のためのアイテムであるさざれ石水晶の正しい使い方や分量の目安について詳しく解説します。

浄化用さざれ石水晶とは?

意味

さざれ石 とは、1mm~2cmほどの小石のことをといいます。浄化用さざれ石水晶とは、小石のように小さな水晶のことで、天然水晶の持つパワーによって高い浄化作用があるとされています。 水が汚れを洗い流すように、水晶は土地や空間、人、天然石などのすべての気を清めて浄化するといわれています。

パワーストーンの浄化には、流水の浄化や太陽光による浄化、塩による浄化など、さまざまな浄化方法があります。しかし、 水に弱い性質の石や塩分や太陽光に弱い石など、 石によって適さない浄化方法があるので注意が必要です 。間違った浄化をすると鉱物の品質を落とす危険があるため、石に合わせた浄化をしなければなりません。

万能で強力な水晶による浄化方法なら、すべてのパワーストーンに有効とされています。浄化用さざれ石水晶を器に詰めて、その上にパワーストーンを置くことで簡単に浄化ができるのでおすすめです。

歴史

日本では古くからお寺や建物の建立の際に、地面に水晶を埋めることで土地を清め、厄をはらって運気の流れを良くする効果があると信じられてきました。

現代も建築前の地鎮祭で、丸い玉の水晶や水晶タンブル、浄化用さざれ石水晶を使う方法が活用されています。水晶には土地や建物を浄化し、また浄霊する力があるとされ、災いを防いで気の状態を良好にするために使われています。

浄化用さざれ石水晶の効果

浄化用さざれ石水晶は、どんなパワーストーンにも有効な高い浄化作用があるといわれていて、パワーストーンが受けた邪気をはねのけてクリーンな状態に浄化してくれるでしょう。

また、空間を浄化する効果も高いので、浄化用さざれ石水晶を小さなボトルに分けたり、グラスに入れてリビングや玄関などにインテリアとして置くだけで空間の浄化ができるとされています。

浄化用さざれ石水晶は、あなたを強運に導く万能なパワーを秘めているといってよいでしょう。最近運気が下がったと感じる人は、浄化用さざれ石水晶で浄化をしてみることをおすすめします。

正しい使い方の手順

1.浄化用さざれ石水晶を手ごろな大きさの器に平らに敷き詰める。
2.パワーストーンをのせて6時間以上休ませる。

浄化用さざれ石水晶は、パワーストーンのベッドという感覚で日常的な浄化に活用するとよいでしょう。

さざれ石の分量の目安とは

ひとつのパワーストーンブレスレットを浄化するためのさざれ石の分量の目安は、200gほどあれば良いでしょう。

しかし、さざれ石はパワーストーンの浄化用意外にも、グラスに入れて飾ったり、観葉植物の鉢に入れたりとインテリアとして楽しみながら、家中の空間の浄化ができるので500gほどまとめて購入しても便利です。

浄化の頻度はどれくらいがおすすめ?

パワーストーンの浄化頻度はどのくらいがよいのでしょうか?パワーストーンは身につけている人のネガティブなエネルギーを常に吸いとっているので、浄化をしないとパワーストーンの効果が薄れてしまうといわれています。しかし、浄化の頻度については厳密な決まりはありません。

浄化が必要だと感じたそのときが浄化のタイミングといえるでしょう。人は毎日さまざまな感情で過ごしているので、パワーストーンにもその分毎日負荷がかかっています。

パワーストーンが効果を発揮するためには癒しの時間が必要となるため、その日のマイナスエネルギーを毎日浄化しても問題はありません。帰宅時や寝る前などに、浄化用さざれ石水晶の上にパワーストーンを置いておくだけで、その日にパワーストーンが受けた負荷を清めることができるでしょう。

関連記事

カテゴリーCategory