【パワーストーン】4月の誕生石・守護石は何?意味や効果

1月から12月まで、それぞれの月には「誕生石」「誕生守護石」が存在します。4月は、誕生石がダイヤモンド、誕生守護石が水晶になります。この記事では、4月にまつわるパワーストーンの意味や効果を紹介します。

4月生まれの誕生石・パワーストーンとは

4月生まれの誕生石は、ダイヤモンドです。ダイヤモンドは誰もが知っている宝石といっても過言ではないでしょう。宝石としての美しさだけではなく、スピリチュアルなパワーが高く、強力なお守りとしての効果もあるのです。

エンゲージリングの定番は、ダイヤモンドですよね。ダイヤモンドは、純粋さ、永遠の絆を象徴するパワーストーンなのです。

4月の誕生石・ダイヤモンドがもつ意味と石言葉

ダイヤモンドの意味・効果

ダイヤモンドには「絆」「純粋無垢」「思念」の意味が込められています。

ダイヤモンドの特徴は、誰もが魅了される輝きとその美しさです。ほかにもさまざまなパワーストーンがありますが、ブリリアントカットされたダイヤモンドの輝きは、何ものにも代え難いといえるでしょう。

ダイヤモンドは、パートナーと永遠の絆を結んだり、変わらぬ愛を貫いたりと人間関係をより強固にする効果があります。ほかにも、持ち主のエネルギーを増幅させる、成功に近づく、厄除け効果を持つパワーストーンです。

石言葉

  • 完全
  • 純粋
  • 守護

4月の誕生石・ダイヤモンドはどんな人におすすめ?

4月の誕生石・ダイヤモンドは4月生まれの方、または結婚を誓った人だけにパワーを発揮するわけではありません。ダイヤモンドは多くの人にでポジティブなパワーを与えてくれるでしょう。ここでは、どのような人にダイヤモンドがおすすめかを紹介します。

  • 自分の手で未来を切り開いていきたい
  • カリスマ性を高めたい
  • 心の中の秘めた思いを現実にしたい
  • パートナーと永遠の愛を誓う
  • ネガティブな感情を取り除きたい

という方にダイヤモンドが特におすすめです。美しいダイヤモンドを身につけることで、あなたの意識を高め、何ごとにも前向きになれるでしょう。

ダイヤモンドは光を集め、その光を増幅させる性質を持ちます。あなたの意志や願いをより現実なものへと導き、周囲を驚かせるようなできごとが起こるかもしれません。

4月生まれの誕生守護石とは

水晶の意味

水晶はクリスタル・クォーツとも呼ばれ、パワーストーンの中でも最もポピュラーな存在ではないでしょうか。水晶には「幸運」「厄除け」「癒やし」などの意味が込められています。

水晶には、洞察力・集中力を高める効果があります。ほかのパワーストーンと組み合わせることで組み合わせたパワーストーンを浄化したり、そのパワーストーンの効果をさらに高めたりというサポートとしての役割もあるのです。

水晶は、純粋さを象徴します。あなたが心を清めたいときや、集中力をアップさせたいときなどに良い味方になるでしょう。

水晶の石言葉

  • 純粋
  • 解毒
  • 調和
  • 繁栄
  • 完璧

誕生石と誕生守護石の違い

誕生石と誕生守護石は、あまり変わりのないイメージを持つ方もいるかもしれませんが、それぞれの役割が大きく違ってくるのです。

4月の場合、誕生石はダイヤモンド。4月生まれの方がダイヤモンドを身に着けることで、潜在能力を発揮したり幸運に導いてくれたりという効果を持ちます。

一方、誕生守護石のクリスタルはダイヤモンドのパワーをより高め、守る役割を持つのです。

4月生まれの方が身に着ける場合やプレゼントを贈る際には、ダイヤモンドとクリスタルを組み合わせたアクセサリーがおすすめです。

関連記事

カテゴリーCategory