ハイパーシーンの意味・効果・石言葉・相性の良い組み合わせまとめ

真っ黒な見た目が印象的なハイパーシーン。見た目だけではわからない、ハイパーシーンの魅力や効果、込められた意味などを紹介します。

ハイパーシーンってどんな石?詳しい意味

意味

ハイパーシーンの和名は「紫蘇輝石」です。見た目は黒色だけですが、顕微鏡で見ると紫蘇のような赤紫色に見えることからこのような名前がついたとされています。

光に当てると、シラー効果と呼ばれる神秘的な輝きを放つ効果も特徴のひとつです。

歴史・言い伝え

ハイパーシーンの名前の由来は、硬度が高いことから、ギリシア語の超越を意味する「Huper」と強さを意味する「Sthenos」を合わせたものとされています。

ハイパーシーンの効果

効果

ハイパーシーンは力強い見た目を感じさせるパワストーンです。主な効果を4つ紹介します。

  • あなたの中のリーダーシップを呼び覚ます
  • 感情を落ち着かせる
  • 心身共にエネルギーを強化させる
  • 誘惑や邪気を祓う

管理職やプロジェクトのリーダーなど重要なポジションに就いたときにはこのハイパーシーンが力強い味方になってくれるかもしれません。冷静な気持ちを取り戻しながらも、癒やしの効果を持つことから、精神的なバランスを安定させてくれることでしょう。

石言葉

  • 意志
  • 目標達成
  • 解放
  • 良縁
  • 育成

ハイパーシーンには目標達成など仕事での効果がある一方、癒やし効果や、しがらみからの解放に導いてくれる効果があります。周囲の人にはわからない悩みや不安を解決してくれるかもしれません。

こんな人におすすめ

  • 受験・転職・独立など、もうすぐ人生の転機を迎える
  • 現状では満足できず、さらにスキルアップをしたい
  • 管理職やリーダーなど、職場で責任感のある立場についている

これまでとは違う環境に身を置いたり、今までに経験したことのない仕事をするときには誰だって不安な気持ちになるもの。一歩踏み出す勇気を与えてくれ、自分らしさを出してくれる効果があるので、アクセサリーとして身につけたり、ストラップとして持ち歩いたりするといいでしょう。

「今のままでは成長できない」「ほかの人よりも仕事ができるようになりたい」 という上昇志向の方にもおすすめのパワーストーンです。

ハイパーシーンのお手入れ・浄化方法

パワーストーンは強力な効果を持ちますが、定期的にお手入れや浄化をしなければ効果が半減してしまいます。そこで、ハイパーシーンの石の性質に合ったお手入れの方法を紹介します。

  • 月光浴
  • セージ
  • 流水
  • 天然塩
  • 水晶

ハイパーシーンは衝撃に弱く、ぶつけたり落としたりしてしまうと割れや欠けが発生してしまうため取り扱いには十分注意しましょう。

紫外線には弱く、長時間当て続けてしまうと退色を招く恐れがあるので控えた方がよいでしょう。

おすすめの浄化方法は、セージに火をつけ出た煙にパワーストーンをくぐらせるスマッジングという方法や、器にヒマラヤの岩塩などの天然塩を入れパワーストーンを置いておくというものがおすすめです。

相性の良い組み合わせは?

ハイパーシーン × ガーデンクォーツ

ガーデンクォーツと組み合わせることにより、自分自身を振り返り、人生をより良い方向へと導いてくれる効果を発揮すると言われています。考え方や習慣を改めて考えなおすことにより、これまでになかった物事を取り入れさらにスキルアップができるでしょう。

「今よりもっと変わりたい」「新しい自分になってスタートしたい」という方に特におすすめです。

ハイパーシーン × ガーネット

ガーネットには強い意志を持つ効果があります。周囲からの誘惑などに負けず、自分らしさを発揮し前に進んでいくことができるでしょう。新しいパワーを取り入れ、人としての成長を望んでいる方におすすめです。

美しく輝くハイパーシーンの黒色と、ガーネットの深紅色を組み合わせるとアクセサリーとして素敵で、ファッションのワンポイントにもなりそうです。

ハイパーシーン × ラブラドライト

虹色に光るラブラドライトは見ているだけでもその美しさに魅了されてしまいます。

ラブラドライトには仕事運をアップさせる効果があり、特に独立や起業をする方に適したお守りです。目標達成の効果もあり、ハイパーシーンの効果をより高めてくれ、あなたの夢を応援してくれる存在となるでしょう。

ハイパーシーンの基本データ

英名Hypersthene(ハイパーシーン)
和名紫蘇輝石(しそきせき)
産地
ブラジル、アメリカ、カナダ

関連記事

カテゴリーCategory