天然石のピアスはお風呂中外すべき?水に弱いパワーストーンの例

パワーストーンをいつも身に着けていられるピアスはアクセサリーとしてもきれいで、最近は種類も豊富になりました。しかし、デリケートなパワーストーンの扱いには注意が必要です。

この記事では、パワーストーンのピアスをしているときにお風呂に入る場合の注意点や、とくに水に弱いパワーストーンについて詳しく紹介します。

天然石のピアスはお風呂中外すべき?

普段はピアスを着けたままお風呂に入ってしまう人でも、天然石の場合は石の持つパワーへの影響が心配ですよね。

結論からいうと、基本的にはどの天然石でもお風呂に入るときにはピアスを外すほうが無難です。天然石にとっては、お風呂は過酷な環境といえます。

お風呂が天然石に与える影響とは

お風呂では、まず水による影響が考えられます。そのため、とくに水に弱い天然石はお風呂を避けましょう。ぬらすことで変色したり劣化してひびが入ったり欠けたりすることがあります。

ほかにも、水道水やシャンプー、石鹸、入浴剤などに含まれる化学物質が天然石に与える影響も心配です。化学物質からは物理的なダメージだけでなく、石の持つパワーにもダメージも受けてしまうでしょう。

お風呂中に天然石もリフレッシュ

お風呂の時にはピアスを外して、自分がリフレッシュしている間にパワーストーンもお休みしてもらうのがいいでしょう。ホワイトセージやクラスターと一緒に置いて、お風呂の間に浄化するのもいいでしょう。

とはいえ、ついうっかりつけたまま入ってしまうこともありますよね。そんなときにも、注意点や対処法を知っていれば安心です。

ピアスをつけっぱなしにする場合の注意点

ピアスをつけっぱなしにしたいという場合は、金属部分と天然石の両方の素材を厳選するとよいでしょう。

皮膚に優しい金属素材を選ぶ

ピアスをつけっぱなしにすると皮膚も影響を受けます。素材によっては金属アレルギーを起こしてしまうかもしれません。皮膚に優しい金属としてはプラチナやゴールドが人気ですが、純チタンもおすすめです。

純チタンは医療で人工骨にも使われるほど人体への親和性が高く、安価でコスパが良いのが特徴です。また、水にも汗にも強く変質しにくいので、運動中やお風呂中につけっぱなしにしてしまっても心配ありません。ただし、絶対にアレルギーを発症しないというわけではないので注意が必要です。

水に強い天然石を選ぶ

うっかりお風呂に入ってしまうことを考えると、ピアスにする天然石は水に強いものを選んだほうがよいでしょう。

また、ピアスにすると汗や皮脂の影響も受けるので、油脂に弱い天然石もあまりおすすめできません。購入する時に、お店の人に確認すると安心です。

もしもお風呂に入ってしまった時には

もしも、ついうっかりつけたまま入ってしまった場合は、すぐに外して乾いた布で優しく水分を拭き取ってよく乾かし、その天然石に合った浄化をしてあげると良いでしょう。

ぬれてもすぐに劣化したりエネルギーが激減したりすることはありません。 水にぬれた状態だと脆(もろ)くなる石もあるので、焦って強くこすることは避け、優しく抑えるように拭くことが大切です。シャンプーなどがついてしまった場合は真水でさっとすすいでから拭き取りましょう。

早く乾かそうとしてドライヤーを使ったり日に当てたりすることも石にダメージを与えることがあるので、部屋の中で乾くまでそっとしておきましょう。

水に弱い天然石・パワーストーンの例

水に弱いといわれる天然石には、以下のようなものがあげられます。水に触れると変色・退色したり変質したり壊れやすくなったりするので、お風呂のときには外して休ませてあげましょう。

代表的な天然石・パワーストーン

  • ラリマー
  • ターコイズ
  • インカローズ
  • スギライト
  • シトリン
  • ラピスラズリ
  • ヘマタイト

お風呂に天然石のピアス…衛生上は大丈夫?

衛生面で言えば、ピアスホールが安定し皮膚にトラブルがない状態であればつけたままお風呂に入っても問題はないでしょう。

日中の汗や皮脂がついたままではピアスも痛み衛生上もよくないので、お風呂の時についでに洗ってしまう人もいるようです。洗顔料やせっけん、シャンプーなどの成分が残っているとかぶれや雑菌の繁殖の原因になるので、十分にすすぎ、お風呂から出た時にはピアスを柔らかい布で優しく抑えながら水分をしっかりふき取ることが大切です。

ただし、前述した通り天然石は水道水や化学成分の影響を受けやすいので、天然石のピアスの場合はおすすめできません

天然石のピアスを清潔に保つための浄化方法

ピアスのお手入れとして、一日に一度は外してピアスについた汗や皮脂などの汚れを取りましょう。

眼鏡ふきなど柔らかく傷のつきにくい布で優しく拭くことをおすすめします。流水で浄化できる天然石なら水洗いもできますが、天然石や金属の劣化を防ぐために、すぐに優しく水分を拭き取り乾かしましょう。

天然石の場合は、ずっと身に着けていると気の影響を強く受けるので、こまめに浄化することが大切です。天然石に合った方法で、感謝を込めて浄化しましょう。

天然石のピアスは常に身に着けておきたいという気持ちもわかりますが、お風呂の時には面倒くさがらずに取り外し、石に負担をかけないようにしてあげることが大切です。

関連記事

カテゴリーCategory