お手入れが分からない初心者必見!水晶さざれ石の効果を高める浄化方法

天然石・パワーストーンは身につけるだけではなく、定期的にお手入れ・浄化をしましょう。なぜなら、浄化することでパワーストーンが吸収した悪いエネルギーをリセットできるからです。水晶さざれ石の効果的な使い方を解説します。

天然石・パワーストーンにお手入れは必要?

まず天然石・パワーストーンにお手入れという概念がない方もいるでしょう。パワーストーンの効果をより高めたい方は、お手入れは必須です。

パワーストーン(鉱物)は自然が作り出した生き物として接する方もいるようです。感謝の念を込めたりお手入れをしたりと扱い方は人それぞれ。

アクセサリー類を磨いたりお手入れすることに加え「願いが叶いますように」伝えるような感覚です。

水晶さざれ石とは

さざれ石とは「小石」を指し、水晶さざれ石=水晶の小さな石を意味します。水晶チップ・粒・とも言われ、大粒から小粒までサイズはさまざま。粒の大きさで効果がかわることはありません。

水晶さざれ石はパワーストーンの浄化はもちろん、リビング・お手洗い・玄関の室内空間の浄化、観葉植物の土へ置くなどの使用方法があります。

水晶さざれ石の正しい使い方

必要量を把握する

パワーストーンの大きさやアクセサリーの種類によりますが、ブレスレットの場合200gから300gが適量です。あまりに量が少ない水晶さざれ石にパワーストーンが触れる面積が少なくなる可能性も。

「量がいまいちわからない…」と不安の方は少し多めの500gを購入しておきましょう。お部屋の浄化やインテリアとして飾るのも良い効果が得られそうですね。

浄化用の器に移す

パワーストーン浄化用の器は水晶さざれ石と同じショップで購入できることがほとんどです。初心者の方はセットで購入すると安心ですね。

浄化用の器は浄化したい石の全体が入るサイズがおすすめです。ブレスレットを浄化したいとき全体が入る直径15cm前後のものを選びましょう。

器が小さくパワーストーンがはみ出してしまうと、その部分だけ浄化することができません。

6時間から24時間浄化する

水晶さざれ石で浄化するときのポイントは時間です。水晶さざれ石を使用した浄化は「6時間から24時間」とほかの浄化方法より少し長め。

日々の浄化は6時間程度で構いませんが「嫌なエネルギーが溜まっている…」と感じたときは丸一日浄化してもOK。それ以上の時間浄化しても効果は変わらないとされています。

より効果を高める浄化方法

水晶さざれ石を浄化する

水晶さざれ石で浄化をし続けると、水晶さざれ石自身にも悪いエネルギーをためてしまいます。さざれ石を浄化しないままパワーストーンの浄化をしても、浄化の効果がないことも。

1ヶ月に1回は、水晶さざれ石を10分ほど流水で洗い流して自然乾燥させることが浄化効果を高めるポイントです。

ほかの浄化も組み合わせる

水晶は基本的にどのお手入れ・浄化方法でも問題ありません。

サッとお手入れしたいときは流水、満月の日は1時間ほど月光に当てたり、ヒマラヤ岩塩などの天然塩をひいて浄化するのも効果的です。

「水晶さざれ石も浄化が必要」ということを覚えておきましょう。

水晶さざれ石を選ぶときのポイント

品質にこだわる

パワーストーンの品質にこだわる方もいますが、水晶さざれ石の品質も選ぶポイントです。

水晶は透明度が高く透き通ったものが高品質、にごって透明度が低いものは品質が低め。より効果を高めるならネットショップでも「高品質」と書かれているものやランクが高いものを購入しましょう。

産地にこだわる

水晶は世界の各地で産出されます。

そのなかでもブラジル・チベット・ヒマラヤのものが人気が高いとされています。基本的にはどの地域で産出されたでも効果に違いはありませんが、各国のものを比較してみるのもいいかもしれませんね。

関連記事

カテゴリーCategory